MRに転職するメリットと営業スキルの留意点

給料が高く十分な手当が貰えます

MRと言いますのは、医薬情報担当者という意味合いで、医者、あるいは他の医療従事者に対しまして、医薬品に関する情報を供する人達ということを意味します。平たく言いますと、製薬会社のセールスマンということになります。会社に因りけりですが一般的に言うと高給になりますので、転職希望者は一定数います。新薬製造メーカーとされている会社に関しては特にその傾向が強いといえます。それに加えて、給与とは区分けして、営業手当なるものを貰うことができます。金額につきましては、会社ごとに異なることになりますが、一般的にいって1営業日当たり3000円貰うことができます。ひと月20日営業日がありますと想定すると、6万円程度が給与とは分けてもらえることになりますので、転職することもお勧めできます。

MRの仕事の内容はそれほど厳しくありません

転職しても接待一辺倒で厳しい労働というイメージを持たれることが多いMRですが、現実的にはそのようなことはありません。接待漬けの営業活動していたのはもう昔のことで、世の中も変化して原則として接待につきましては認められていません。敢行しても軽い食事ぐらいで、二次会や三次会という話しはほとんど皆無と言って良いといえます。それに加えて、原則として直行直帰の就労パターンですので、通勤の面倒もないし、事と次第によると1日中自宅で内勤ということも可能です。ですので、ワークライフバランスに関しては、保持しやすい職種と言えます。結局のところ、勤務する時間を自分自身でコントロールできるので、仕事の時間はそれほどまで長くないといえます。

他の業界でも通じるスキルはつきづらいといえます

MRに関しては外見上、医薬品を医者に売りに出す営業職ですが、現実の上で医者に医薬品を卸すのは卸会社になります。したがって、値段交渉をするわけでもなく、現実の上で納入することもありません。その結果、商品の値段交渉でクライアントとしのぎを削っている別の業界の営業職と比べると、スキルはいくらかは劣ると考えられます。それから、製薬業界に関しては、生命に対してインパクトのある医薬品を扱っているという特質上、営業活動にも国の法律上、業界内決め事の規制がたくさんあります。それを受けて、規制上実施に移せないものもあります。常時定められたアプローチでの営業活動しかできないことから、その結果営業方法を考える別の業界の営業職と照らし合わせると、企画力に劣っている面があります。

記事一覧